甲賀市では、発達や教育・心理面で支援を必要とする人・家族に対して、幼児期・学齢期・青年期を通して、相談・支援を継続していくために、また、教育・保健・福祉・医療などの関係機関と連携しながら、子どもたちを支えていく体制を作っていくために、福祉部局の発達支援室と、教育委員会学校教育課の教育相談機能を一元化し、平成26年4月から、新しく『発達支援課』となりました。

  発達支援課では、支援を必要とする人・家族が、本人らしく進んでいけるように、専門のスタッフがお話をお聴きし、ともに考える中で、子どもたちの成長をサポートします。

 発達支援課には、 こじか教室 ことばの教室(幼児)適応指導教室の3つの支援機関があり、各機関と連携しながら支援の充実を図ります。

発達支援課 体制図