注意事項と心構え


早めの避難を心がけましょう

避難の画像

場合によっては避難勧告の発令が遅れたり、聞こえにくいときがあります。避難勧告が発令されてからではなく、少しでも危険を感じたら早めに避難しましょう。

協力避難を心がけましょう

協力避難の画像

お年寄りや子供、体に障害を持つ人など、手助けを必要とする人がいます。近所で協力して避難しましょう。また、できるだけ集団で避難するように心がけましょう。

車での避難は避けましょう

車での避難は交通渋滞を招き、緊急車両の妨げになります。できるだけ徒歩で避難しましょう。

洪水時の運転は、ブレーキが利きにくかったり、車ごと流されたりするなど、決して安全ではありません。車での避難は十分注意が必要です。

洪水時の水位による車に起こる現象の画像


浸水した場所を通行するとき

このページに関するアンケート(建設管理課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください