スポット展示
「渋沢栄一と巖谷一六(いわやいちろく)・小波(さざなみ)父子ー栄一父子の招魂碑と渡米実業団ー」


近代日本の大実業家渋沢栄一は巖谷一六との交友があり、『巖谷一六日記』には栄一が一六に書を依頼した記録が残されています。

また、一六の子小波は栄一が団長を務めた渡米実業団に参加しており、渡米実業団参加時の内容を『新洋行土産』に上下巻でまとめています。

今回のスポット展示では『巖谷一六日記』と『新洋行土産』を元に渋沢栄一と巖谷一六・小波父子との繋がりについて紹介しています。


        tenjijyoukyou



   shiryou 2  shiryou 3

   shiryou 4  shiyou 5

   shiryou5


■開室時間
 10時~16時30分(休室日:木・金曜日、12月29日~1月3日)

■場所
 甲賀市水口歴史民俗資料館併設巖谷一六・小波記念室

■入室料
 無料

■会期
 2021年7月3日(土曜日) ~ 2022年1月31日(月曜日)
 ※一部資料はパネルにて展示しております。

tenji annai    kaisetu
    展示案内(PDF)           解説シート(PDF)

 

このページに関するアンケート(歴史文化財課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください