メニュー表示

メインメニュー

閉じる

新型コロナウイルス感染症患者の療養期間等の見直しについて

 令和4年9月7日、新型コロナウイルス感染症患者の療養期間等の見直しが行われました。

 なお、本取扱いは令和4年9月7日より適用となり、同日時点で療養中の方にも適用されます。

 

 詳細は、滋賀県ホームページ「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」をご覧ください。

 

・療養期間について

 ◆有症状者の方:人口呼吸器等による治療を行った場合を除く

 (ア) (イ)以外の方

  療養期間は、症状が出た日を0日目として、その翌日から7日間(8日目に解除)。

  ただし、症状軽快後24時間経過している必要があります。

  ※10日目までは、感染リスクが残存するため、以下のことなど、自主的な感染予防行動の徹底

   を行ってください。


   ・検温など自身による健康状態の確認を行う。

   ・高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い

    場所の利用や会食等を避ける。

   ・マスクを着用する。


 (イ)入院中の方・高齢者施設に入所して療養中の方

  療養期間は、症状が出た日を0日目として、その翌日から10日間(11日目に解除)。

  ただし、症状軽快後72時間経過している必要があります。


 ◆無症状者の方

  一度も症状が出ていない方は、検体採取日を0日目として、その翌日から7日間(8日目に解除)。

  ただし、5日目に医療用抗原定性検査キットで陰性を確認した場合は、6日目に解除。

  ※7日目までは感染リスクが残存するため、以下のことなど、自主的な感染予防行動の徹底を

   行ってください。


   ・検温など自身による健康状態の確認を行う。

   ・高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い

    場所の利用や会食等を避ける。

   ・マスクを着用する。


  ※自宅療養期間中に症状が悪化してきたときは、滋賀県自宅療養者等支援センターにご相談ください。

   また、症状が急変して危険な状態のときは、救急車(119)を呼んでください。

 

・療養中に制限されること

 感染拡大防止のため、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年10月

 2日法律第114号)に基づき、療養期間中(就業制限の期間中)は出勤や登校を含む外出はできません。


 ただし、療養期間中の外出について、有症状の場合で症状軽快から24時間経過されている方または、

 無症状者(一度も症状の出ていない方)については、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は

 公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防

 行動を徹底していただくことを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことが可能

 です。


 また、就業制限の解除にあたり、職場等に陰性証明を提出する必要はないとされています。

 

 

 詳細は、滋賀県ホームページ「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」をご覧ください。

 

このページ関するアンケート(新型コロナウイルス感染症対策室)

QuestionRepeater
このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください