令和2年度コミュニティバス・コミュニティタクシーの運行経費は 375,391千円であり、そのうち運賃等の運行収入は 59,424千円と、経費に占める割合は約15%となっています。また、経費から収入を差引いた欠損額は、補助金によって賄われています。(補助金は、予算の範囲内での交付となるため必ずしも欠損額と同額となるものではありません。)

 甲賀市では、コミバス・コミタクを生活に欠かすことのできない公共交通機関として市内全域で運行しています。現状として、新型コロナウイルス感染症や少子化等の影響により年々利用者数は減少していますが、その果たすべき役割は今後ますます大きくなっていくと考えており、引き続き利用促進に取り組んでまいります。

 また、市民の皆様方におかれましても、自分たちの公共交通機関を守り育てていくためにも、日々の生活の中で積極的なコミバス・コミタクのご利用をお願いいたします。

令和2年度収支状況

令和2年度
運行経費 (a)

375,391千円

運賃等収入 (b) 59,424千円
欠損額 (a-b) 315,967千円
市補助金額 303,917千円
国補助金額  11,622千円
乗車人数 490,282人

令和2年度コミバス・コミタク路線別利用実績.pdf

 

このページに関するアンケート(公共交通推進課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください