遊ぽけっと
わたしたちの住んでいる甲賀市に、こんなむかしばなしが残っています

甲賀市では水の伝説が多く、雨乞いと結びついて池や大蛇のはなし 、街道筋の井戸物語などがあります。

また宗教伝説として、お地蔵さん、えんまさん、お坊さんなど信仰となんらかのつながりのある物語も多く見られるのもこの土地の特色です。子どもたちが地域に伝わる、おもしろさやたのしさの詰まった物語を読むことによって、ふるさとを愛し、生きていく支えをしっかり持ってくれることを願います。


・むかしばなしを町別に分けてのせています。
・各町名をクリックすると、その町のむかしばなしのページが開きます。


水口町(馬のすきな娘・光をだすお地蔵さん・豆の好きな和尚さんと狸)

土山町(ふしぎな鏡岩・大きなかにとお坊さん)

甲賀町(悪魔を退治したさむらい・姫が池の龍神と雨乞い・小佐治のうた「すいりょう節」)

甲南町(うそつきの話・忍術のはじまり・池が原の大蛇)

信楽町(ふしあわせな姫「お万の方」・高宮神社の狼・弘法の井戸)

 

水口町※「甲賀のむかしばなし」は甲賀地域研究会が編集した冊子から抜粋しています。

※「甲賀のむかしばなし」に使われている絵は、徳永拓美さん(守山市在住。画家〔日本画・水彩画〕)の作品です。
土山町 信楽町 甲南町 甲賀町

 

このホームページのイラスト等は無断転用しないでください。

このページに関するアンケート(社会教育スポーツ課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください