人口減少に立ち向かう!地域力を活かした”甲賀の國づくり”を進めよう

  
 迫りくる人口減少社会において、生産力・消費の衰退による経済活力の低下、農山村地域の過疎化の進展、地域コミュニティの弱体化など先の見えない不安が広がっています。そうした中、国が掲げる地方創生を活用しながら、人口減少に立ち向かい、元気なこうかを創るため「甲賀の國づくりプロジェクト」として、本市独自の取り組みを積極的に展開します。

【人口減少という現実】
 まち・ひと・しごと創生法が施行され、「若い世代の就労・結婚・子育ての希望の実現」、「東京一極集中の歯止め」「地域の特性に即した地域課題の解決」の3つの視点で、国は「地方創生」の取り組みを進めています。
 これらは、昨年5月に公表された「消滅可能性都市」という衝撃的な発表を呼び水として、急速に気運が高まったものです。
 本市は「消滅可能性都市」とはなりませんでしたが、全国的な傾向と同じく、将来の人口減少は避けられないと考え、昨年10月には人口減少に立ち向かう庁内の取り組みとして、「甲賀の國づくりプロジェクト会議」を設置しました。




【人口減少に立ち向かうプロジェクト】
 甲賀の國づくりプロジェクト会議では、持続可能な自治体経営において、最大の課題となる将来の急激な人口減少を避けるため、プロジェクトチームを中心に多面的・複合的な施策を検討しています。また、人口減少対策は早くから取り組むほど、大きな効果が現れることから、平成27年度から施策の一部を前倒しして実施します。
  6つのプロジェクトチーム
 ・少子化対策 ・定住促進 ・女性の活躍 ・2025年問題
 ・選ばれるまちづくり ・持続可能な自治体経営

【「甲賀らしさ」を活かす】
 本市は、約482㎢の広範な面積を有しており、人口が増え続けている地域もあれば、過疎化が進展している地域もあります。また、歴史や文化、地域の営みも様々です。
 これらの地域の特性とともに、新名神高速道路をはじめ、ものづくり企業の集積、観光誘客につながる地域資源や人のつながりなど、甲賀市には他市にはない人口減少に立ち向かえる地域力があります。
 今後は、国、県の地方創生の動きを注視しながらも、地方分権の理念のもと、これらに左右されることなく、より「甲賀らしさ」を追求することで、次世代が魅力を感じる理想郷・甲賀の実現に向け、甲賀市人口ビジョン・総合戦略の策定を進めていきます。

【元気なこうかをみんなで創ろう】
しかし、人口減少や少子高齢化に向けた対応は、行政の力だけでは限界があります。
 甲賀市誕生から10年が経過し、これまで市民の皆さんと行政が共に力を合わせて取り組んできた“協働のまちづくり”を最大限に活かし、人口減少対策に取り組むことが重要です。
 今後は“人口減少”をテーマに皆さまとの意見交換の場をもちながら情報を共有し、一緒に対応策を検討していきたいと考えています。



甲賀市まちづくり出前講座は、市の職員が皆さまの地域に出向いて、市の施策や取り組みについてお話する講座です。
市政のさまざまな分野から、重要なもの、市民の皆さんに関係の深いものなど、数多くのテーマを用意しています。
「人口減少問題について」は、現状と課題、地域ごとの推計人口についてお話ししますので、お気軽にご利用ください。


【お問い合わせ】甲賀市役所政策推進課まで 電話0748-65-0670 


 ・各地域での意見交換会 (PDF 113KB)

このページに関するアンケート(政策推進課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください