建設工事等における「設計違算」の取り扱いについて

 令和3年度から入札執行事務を適正にかつ円滑に進めていくため、甲賀市の建設工事及び建設コンサルタント(以下「建設工事等」という)の入札に係る「設計違算」の取り扱いについて、以下のとおり事務取扱要領を作成しました。

 

 1.目的

 入札執行において、設計積算の誤りによる入札中止に伴う建設工事等の進捗の遅れを必要最小限に抑えることで、計画している事業等の市民サービスへの影響を必要最小限に抑えることができるため。又、入札に参加している応札業者に対しても積算見積等に費やした時間等を無駄にしない、社会的な損失等を防ぐためのものです。

 

 2.対象

 令和3年4月1日以降に入札公告する建設工事等を対象に適用するものとします。

 

  ・甲賀市建設工事等に関する設計違算事務取扱要領(PDF325KB)