国民健康保険は、国民皆保険制度を支える基盤の役割を担っており、地域住民の健康保持増進を図り、社会の安定と発展に大きく貢献してきました。

 一方で、他の医療保険に属さない方を被保険者としていることから、高齢者や低所得者の割合が高く、全国的に国保の運営は厳しい状況にあります。

 これらの構造的な問題を解消し、持続可能な医療保険制度を構築していくため国民健康保険法等が改正され、平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体となり、県と市町村が共同保険者として安定した国保運営を行うことになりました。

 滋賀県では「持続可能な国民健康保険の運営」を基本理念に「滋賀県国民健康保険運営方針」を策定し、これに沿った取り組みを県と市町が共に進めています。

  

滋賀県ホームページURL

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kenkouiryouhukushi/hoken/310737.html