母子保健法第6条第6項に規定する未熟児であって、医師が入院養育を必要と認めた乳児について、医療費の自己負担金の一部を公費負担します。

申請手続き

養育医療給付の申請をされる方は、次の書類等をそろえてすこやか支援課へ提出してください。

1.申請者に記入していただくもの
2.医療機関で記入していただくもの
養育医療意見書(様式第2号)
3.健康保険証の写し
   本人の健康保険証が発行されていない場合は、加入する予定の保護者の健康保険証の写し
4.マイナンバーが確認できるもの
   マイナンバーカード・通知カード等、同一世帯全員分 
5.印鑑
6.下記に該当する方のみ所得税額等を証明する書類
(1)前年の1月1日以降に転入された方で、1~6月の間に申請をされる場合。
  ・前々年分の所得税額を証明する書類 
(2)当年の1月1日以降に転入された方で、7~12月の間に申請をされる場合。
  ・前年分の所得税額を証明する書類
(3)生活保護を受けておられる方 ・・・ 生活保護受給世帯の証明書

  ※養育医療の申請案内について

申請書ダウンロード

その他、申請に関してご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

このページに関するアンケート(すこやか支援課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください