建築物等を建てるにあたって、景観上どのようなことに配慮しなければなりませんか。

 景観計画では、景観上配慮すべき事項として景観形成基準を定めています。敷地内の位置、形態、意匠、色彩、素材、樹木等の保全措置、敷地の緑化措置についてそれぞれ定めていますので、詳細については下記のページ内の景観計画ガイドラインをご確認ください。

更新日:2014年6月18日

このページに関するアンケート(都市計画課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください